鶴山公園(桜祭り)2018の開花状況と見頃はいつ?駐車場と屋台はある?

2018年3月19日

 

日本さくら名所百選にも選ばれている、岡山の鶴山公園は津山城城跡がある公園で、桜の開花時期には「さくらまつり」が開催され、桜の名所として岡山県内で最もにぎわいとなる場所です。

今年の、鶴山公園の桜の開花状況や見頃、駐車場の情報や屋台の情報など、お花見をより楽しめる情報を紹介します。

スポンサーリンク

鶴山公園の桜について(種類や本数)

鶴山公園の桜の種類は、ソメイヨシノを始め、ヤエザクラ、オオヤマザクラ、ヒガンザクラ、ヤマザクラなど多岐にわたっていて、春には約1000本の桜が、津山城を取り囲むように咲き誇ります。

ソメイヨシノの大半が、津山城の高さ45メートルの石垣を取り囲むように植えられています。

桜が満開になりますと、石垣を後ろにして、桜が津山城を包み込むように咲き誇りますので、華やかな景色となります。

鶴山公園の桜開花と見頃はいつ?

岡山県の県北に位置する鶴山公園のある津山市は、県南に比べ少し遅めに開花します。

例年、3月下旬に開花して満開は4月初旬になりますので、見ごろは4月上旬から4月中旬ですね。

開花時期は天候の寒暖によって変わりますので、お花見前に開花状況を確かめてください。

スポンサーリンク

鶴山公園の桜まつりの開催時期

鶴山公園の桜まつりは、本年も

4月1日(日)~4月15日(日)の期間、開催される予定です。

・時間が午前7時30分から午後10時

ライトアップ時間は午後6時から午後10時までですが、変更の場合もあります。

・入園料は高校生以上が300円で中学生以下は無料です。

なお、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を持っている方と付添い

の方(1人まで)は入場無料です。

お花見するにはペットの入園はできませんので、注意してください。

期間中は、貸しテントや貸しコンロの利用もできます。

まつりの期間中にはイベントとして、お茶会などが多数開催されますので、春

の一日をお花見とともに、楽しめます。

鶴山公園へのアクセスと駐車場、おすすめの宿・ホテル

・電車では、JR津山線・津山駅を下車し、徒歩で約10分と遠い距離ではありません。

車ですと、渋滞や駐車場の満車が予想されますので、お花見や散策など歩きながら楽しめる、電車の利用をおすすめします。

祭りの期間中は、途中で案内の看板等もありますので迷うことはありません。

・車では以下のように中国自動車道・津山ICまたは院庄ICで下車し、国道53号線を津山城方面に向かって約15分ですが、祭り期間中は渋滞が予想されます。

駐車場

桜まつり期間中鶴山公園周辺の駐車場にはバス30台、乗用車2000台(臨時駐車場を含む)が駐車できます。

乗用車が駐車できる主な駐車場は、

1:津山文化センター駐車場
(収容台数:150台/住所:津山市山下68)

2:鶴山公園北広場
(収容台数:120台/住所:津山市山下130-1)

3:アルネ津山
(収容台数:750台/住所:津山市新魚17)

4.津山観光センター駐車場

鶴山公園の目の前にある、津山観光センター駐車場は、鶴山公園桜まつり期間中は、バス専用(バス20台)となりますので、乗用車は駐車することができません

混雑状況と屋台について

鶴山公園桜まつり期間中は約10万人が花見に訪れて混雑します。

車でのお花見は、シーズン中の特に週末は、鶴山公園周辺が混み合い渋滞となりますので、ひかえた方がよいですね。

屋台は約30店あり、津山のご当地グルメが出店します。

鶴山公園の入口付近にはイカ焼き屋、ケバブ等の屋台が並んでおります。

入口の階段を登りきって、津山城入口までの通り沿いには、焼き鳥、アイスクリーム等の屋台が並んでいます。

鶴山公園のお花見におすすめの宿・ホテル

鶴山公園のお花見は遠くから来られる人が多いと思うので、宿・ホテルは早めに確保しておきましょう。

津山公園周辺の津山のおすすめの宿・ホテル

まとめ

鶴山公園の桜は西日本屈指のさくらの名所となっています。

桜満開の時期は絶景ですので、あなたも今年は是非、鶴山公園の桜をご覧になってください。

また訪れたいと思うこと必至です。

関連記事:全国のおすすめのお花見スポットの情報もご覧ください。
日本全国の桜・お花見の開花予想・見頃、アクセス・駐車場まとめ