PR

冬は何月から何月まで?寒さはいつから感じていつまで?日本における冬季の始まりはいつ?

99:雑記・その他
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

「日本の冬季は具体的に何月から何月まで?」

 

「一番寒くなる時期はいつ?」

 

秋の涼しい季節が終わると、人々は冬の到来を感じます。

 

雪が静かに降り積もるようになり、防寒用の重厚な衣類に衣替えを始めます。

 

その際に、「冬はいつから始まるのだろう?」と疑問に思った経験はありませんか?

 

11月や12月頃から冬らしさを感じ始めますが、具体的に何月からというと明確な答えを出すのは難しいものです。

 

そこで今回は、「いつからいつまでが冬なのか」にスポットライトを当てています。

 

さまざまな視点から、冬の始まりを気象庁、旧暦、天文学等の観点から取り上げています。

 

最後までお楽しみいただければと思います。

 

冬の期間の多様な定義

実際に、冬の期間を定義する方法は一つではなく、複数存在します。以下では、気象庁、会計年度、天文学、旧暦に基づいた冬の期間を検討します。

気象庁による冬の定義

気象庁は、冬を12月から2月までと定義しています。この期間中、日本海側では雪が多く、一方で太平洋側では晴れる日が増えます。地域によって気温の差が大きいのもこの時期の特徴です。

四半期に基づく冬の区分

四半期制では、1年を3ヶ月ごとに区切り、冬は1月から3月までとなります。この期間は、学校では学年の終わりにあたり、卒業式などの行事が行われます。

天文学的な冬の期間

天文学では、冬は冬至(例:2023年12月22日)から春分(例:2024年3月20日)までとされます。この期間は、天体の位置に基づいて定められています。

旧暦に基づく冬の区分

旧暦では、冬は二つの方法で定義されます。月切りでは、十月から十二月まで、節切りでは立冬から立春の前日までが冬とされます。旧暦の月は現代のカレンダーと異なるため、例えば2023年の場合、冬は11月13日から翌年2月9日までになります。また、節切りでは冬は二十四節気に基づき、11月7日から2月3日までとなります。

これらの異なる観点から、冬の期間を考察することで、その多様性を理解することができます。

 

冬季は何月から寒さを感じる?最も寒い時期は?

 

寒さを感じるのは何月から?

 

冬季は寒さの象徴となる季節ですが、「いつから寒さを感じ始めるのでしょうか?」これは一般的な疑問です。

 

寒さを感じ始める具体的な気温は以下のようになると言われています。 肌寒さを感じる温度…15℃~22℃ 本格的な寒さを感じる温度…8℃~14℃ ただし、「寒さを感じる」条件は、単純に気温だけでなく、その相対性も考慮に入れる必要があります。

 

例えば、真夏の外気と比較して、気温15度の室内は寒さを感じますが、真冬の外から同じ気温15度の室内に入れば暖かく感じるでしょう。

 

そんなわけで、「何度以下になったら寒い」という固定観念はありません。

 

これを踏まえた上で、以下は東京都の12月の平均最高温度と最低温度の一覧です。

 

東京の12月の平均最高気温と最低気温 情報源:東京都の12月に注目した気象データ

 

このリストから明らかに、12月1日の最高気温がすでに寒さを感じる水準の14℃に落ち込んでおり、ここからさらに気温は下落してきます。

 

これに基づくと、12月が立つとすでに冬の寒さを感じ始めると言えるでしょう。

 

最も気温が低くなるのは1月後半~2月前半

通常、最も寒さを感じる期間は主に1月の後半とされています。

 

たとえば、2023年1月における東京のデータを参照すると、

1月25日の最高気温はわずか3.7℃で、極度の寒さが確認できます。

 

また、1月23日および1月27日のように、

最高気温が7℃未満と極寒の日ともなっています。

 

この統計からも、年間で最も寒さが厳しい時期と言えば、1月の後半といえるでしょう。

 

ちなみに、12月は絶対的には1月と同程度に寒くなることはあまりありません。

 

2月の前半はまた寒い日が続くことがありますが、月の後半になると徐々に暖まり始めます。

 

初雪は何月から降り始める?

 

冬季における特別な象徴といえば、雪でしょう。

 

では日本では、雪が初めて降り始めるのは何月なのでしょうか?

 

そして、雪が降り止むのは何月までなのでしょうか?

 

いくつかの地域を拾ってデータを提供します。

 

札幌…10月28日~4月19日

仙台…11月24日~4月7日

前橋…12月15日~3月22日

東京…1月3日~3月11日

名古屋…12月20日~3月7日

京都…12月15日~3月20日

大阪…12月22日~3月11日

鳥取…12月5日~3月25日

福岡…12月15日~3月5日

那覇…ほとんど雪は降らない

 

やはり、福岡が東京よりも初雪が早いというのは意外かもしれませんが、これは福岡が日本海側に面しているからなんです。

 

太平洋側に比べて、日本海側の方が寒さが厳しく雪が積もりやすいという特性があるのです。

 

このような知識も一緒に覚えておくと面白いと思います。

 

スポンサーリンク

日本の四季の区切り方まとめ

日本では、春、夏、秋、冬の各季節がどのように区分されているかについて、これまでは主に冬の期間に焦点を当ててきましたが、ここでは春、夏、秋についても概説します。

春の期間の定義

春に関しては、以下のように定義されています。

  • 気象庁の春:3月から5月
  • 四半期による春:4月から6月
  • 天文学的な春:春分から夏至まで
  • 旧暦による春:1月から3月(月切り)、立春から立夏の前日まで(節切り
春の期間はいつからいつまで?2月や3月は春に含まれるの?
春の始まりと終わりはいつなのでしょうか?また、2月や3月は春に数えられるのでしょうか? 3月になると気温が徐々に上昇し、「春が来たかも」と感じることがあります。しかし、春の正確な期間については、いつから始まるのか、いつ終わるのか、少々疑問に...

夏の期間に関する区分

夏の期間は以下のように区分されます。

  • 気象庁の夏:6月から8月
  • 四半期に基づく夏:7月から9月
  • 天文学での夏:夏至から秋分まで
  • 旧暦の夏:4月から6月(月切り)、立夏から立秋の前日まで(節切り
夏の始まりと終わりは何月でいつからいつまで?五月は春?それとも夏?それでは六月は?
「いったい夏は何月から何月までなの?」 「それを詳しく知りたいんだけど。」 「だとすると五月は春に入るの?」それともすでに夏?さらに六月はどうかな?」 五月が近づくと日ごとに暑さが増し、日差しも強まってきますよね。 特に日中は外で運動をして...

秋の期間の定義

秋の期間は次のように定義されています。

  • 気象庁の秋:9月から11月
  • 四半期に基づく秋:10月から12月
  • 天文学での秋:秋分から冬至まで
  • 旧暦の秋:7月から9月(月切り)、立秋から立冬の前日まで(節切り
秋の到来と期間:いつから秋を感じ始めるのか?いつまで秋なのか?
秋がいつ始まり、いつ終わるのか、そして9月は夏の終わりを告げるのか、秋の始まりを告げるのか。これらについて探ってみましょう。 夏の暑さが少し和らぎ始める9月に入ると、徐々に秋の気配が漂い始めます。特に9月下旬には、心地よい涼しい風が吹き、秋...

冬の期間のまとめ

冬の期間に関しては、以下のように様々に定義されています。

  • 気象庁の冬:12月から2月
  • 四半期に基づく冬:1月から3月
  • 天文学での冬:冬至(12月22日)から春分(3月21日)
  • 旧暦の冬:10月から12月(月切り)、立冬から立春の前日まで(節切り

 

これらの定義を通して、寒い12月から2月が一般的に冬とされていることがわかります。しかし、日本の冬は地域によって大きく異なります。北海道では11月から4月まで雪が降り、氷点下の気温になることが多いのに対し、沖縄では雪がほとんど降らず、2月でも比較的温暖です。また、学校の冬休みの期間も地域によって異なります。

タイトルとURLをコピーしました