PR

本当に下敷きは必要か?疑問を抱く声が多数派かもしれません!

99:雑記・その他
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

実は多くの方が、下敷きの必需性を疑問視している可能性があるんです。具体的にどの程度の必要性があるのか、実情はどうなのでしょうか。

 

春の訪れと共に新生活が始まり、特に小学校へ入学する子どもたちはワクワクしていることでしょう。これまでの遊びから一転して、しっかりと勉強に取り組む学校生活が始まります。そんな中で、学用品の準備は欠かせません。

 

文房具の中にも、鉛筆や消しゴム、筆箱と並んで下敷きはしばしば学校の指定リストに載るアイテムです。書くときに紙の下に敷くことで、文字の跡をなめらかにし、ノートをきれいに保ちます。

 

ですが、実際に皆が下敷きを「絶対に必要」と位置づけているわけではないようです。「いらない」という意見も少なくありません。この点について、さらに詳しく掘り下げてみましたので、その内容をご確認ください。

文房具のスタンダード、下敷きの存在意義に再考の兆し

 

【本文】新たな一歩を踏み出す4月。多くの学生たちが新学期の準備に取り組んでいます。机の上を彩る文房具には、小さなアイテムが数多く存在します。そのひとつに、単色のものからお気に入りのキャラクターが描かれた個性豊かな下敷きがあります。

 

けれども、筆記の際に机の下に忍ばせるこのアイテムが、今日でもなくてはならないものなのかは疑問です。下敷きは机の凹凸を解消し、筆跡が裏写りしないよう保護するために用います。インクや鉛筆の後が後のページに透けないようにする効果もあります。

 

にもかかわらず、下敷きがなくても支障なく書けると考える人が増えているようです。中には、下敷きを使わない方が書きやすいと感じている人もいます。また、コンパス使用時に下敷きが滑って不便を感じる声も耳にします。

 

今や選択肢のひとつ?下敷きの優先度低下の背景

 

なめらかなペンさばきのために用いられる下敷きですが、これが必須かどうかについて意見は分かれているようです。確かに、下敷きは滑らかな筆記面を提供し、裏写りやページ間の筆跡の滲みを防ぐという明確な利点があります。それでも、使わずに済ます選択をする人もおり、快適さや使い勝手に関して様々な見解があるようです。一部の文房具との使いづらさも、その理由の一端となっていることは否めません。

スポンサーリンク

大人になっても下敷きを使っている?

意見1

私はオフィスワークをしている20代です。

 

家でメモ取りなどをするとき、通常、ノートに何かを記す際には、下のページをキレイに保つために下敷きを愛用しています。書いたときの凹凸を感じたくないのが理由ですね。

 

しかし、単なる一枚の紙やルーズリーフをデスクの上で直接書くときは、下敷きを使用しません。また、手帳やメモ帳に記入する際も、わざわざ使うことはありません。

 

アルバイトの職場では、ちょうどいいサイズの下敷きが手元になく、また伝票などの一枚モノを扱うことが多いため、下敷きを使用するタイミングがほとんどありません。周りの同僚も、利用している様子はありませんね。ほとんどがボールペンを使っているからかもしれません。

 

ちなみに私が使っているのは、1センチ間隔に格子が入った透明タイプの下敷きです。すぐに使える定規がないときには本当に便利ですが、定規替わりに使った後は手が汚れてしまうので、定期的に拭き取る必要がありますよね。

 

他の人がどれくらい下敷きを活用しているのか、私も実はちょっと気になります!

 

意見2

子供のころは下敷きを使うのが当たり前で、それ以外の選択肢は考えられなかったですね。でも実際、下敷きを使う使わないで、自分の場合はそんなに差を感じた記憶がありません。思い返せば、あの時なぜあれほど下敷きに依存していたのか、今では不思議でなりません。

 

海外に足を運んだ時には、下敷きが一般的ではない文化に接し、新鮮な驚きを覚えました。特にアメリカ人であるパートナーと結婚し、彼が日本で英語教師として働くようになってから、学生たちが様々な種類の下敷きを使っているのを見て、彼も私も目を丸くしました。彼はしばしば、「本当にそれって必要なの?無くて困ることってある?」と、疑問を投げかけるんですよ。

 

まとめ

様々な文房具が教室で愛用されていますが、下敷きも人気のアイテムです。通常、ノートに間に挟んで使用し、文章を書く際の裏抜けを防ぐために役立っています。この便利な道具は、鉛筆などで書いたときに、その痕が次ページに転写されるのを防ぐ役目を担っています。なかには必要なしという声も聞かれますが、下敷きを使えば、筆跡が次のページに漏れず、ノートをきれいに保つことができます。少々面倒に思うこともあるかもしれませんが、下敷きのメリットは確かに大きいです。

タイトルとURLをコピーしました