PR

新幹線の「特定特急券」って何?その利点と自由席券の違いをわかりやすく解説!

99:雑記・その他
この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

新幹線を使うシーンは日常のあちこちで見かけますね。お出かけやビジネスシーンでの必需品ですが、JRのチケットシステムはちょっとややこしいことも。

特に、これから新幹線を使ってみようという方にとっては、不安な点も多いかもしれませんよね。

実を言うと、私もたまに「これはどういうことだろう?」と首をかしげることがあります。

そんなわけで、今回は新幹線の切符売り場でよく目にする「特定特急券」にスポットを当ててみたいと思います。

「特定特急券って一体何?」「自由席券とはどこが違うの?」「新幹線の旅をもっとお得にすることは可能なの?」こんな疑問を持った経験はありませんか?

この記事で、そんな疑問にお答えします。

一体、特定特急券とは?

「特定特急券とは何?」と思う方は少なくないでしょう。

実は私もその一人です。オンラインでも、同じ疑問を持つ人たちがたくさんいるのを見かけます。

特に、新幹線を初めて利用する際には、さまざまな疑問がわき起こるものです。

手短にご説明すると、特定特急券とは、自由席で使える特急券の一種です。

「それなら自由席特急券と同じでは?」と思われるかもしれませんが、これからその理由や違いをお話しします。

特定特急券がある理由って?

新幹線の指定席チケットは高価なので、利用者にとっては経済的負担が大きいですよね。

たとえば、「はやぶさ」のように全席が指定席の列車の場合は、指定席料金を支払う必要があります。

しかし、席が満席で指定席を購入できない時でも、特定特急券を購入すれば、移動の自由を確保できます。つまり、旅行者の利便性を支えるために特定特急券は存在するのです。

このように、特殊な状況でも対応可能な特定特急券が用意されているわけです。

特定特急券はどこで使えるの?

では、特定特急券は具体的にどこで使えるのでしょうか。

新幹線においては、隣接する駅間で利用できます。

注目すべき点は、このチケットは自動的に適用されるため、購入時に特別な申告をする必要がないことです。

ついつい確認したくなりますが、必要はありません。私自身もそうでした。

駅の窓口で尋ねて、担当者に困惑された経験がある人もいるかもしれませんね。

ちなみに、隣駅間だけでなく、過去に隣駅間だった区間にも適用される場合があります。この点については、後ほど詳しく触れます。

「特定特急券」は「自由席特急券」と基本的に同じ!

特定特急券は、基本的には自由席特急券と同じものです。

「では、なぜ名称が異なるのか?」と疑問に思われるでしょう。

それは料金の計算方法にあります。

通常期の自由席料金は指定席料金から530円引きで設定されていますが、さらに安価に設定されている場合があり、それが「特定特急料金」と呼ばれ、それに基づいて発行されるチケットが「特定特急券」なのです。

どちらのチケットになるかは、利用する区間によって決まりますので、利用者が選べるわけではないので注意が必要です。

少し複雑ですが、割引チケットではない点をお忘れなく。

「指定席に変更する時の料金」の違いは?

特定特急券と自由席特急券の大きな違いは、「指定席に変更する際の料金」にあります。

自由席特急券を持っていれば、指定席に変更する際の差額は通常期では一律530円です。

しかし、特定特急券の場合、自由席がもともと安く設定されているため、指定席に変更する際に支払う差額は530円を超えることがあります。

これで理解が深まったでしょうか?

もちろん、シーズンによって料金は変動するので、その点も頭に入れておきましょう。

個人的には、安くてありがたいけれども、指定席に変更する際の費用を考えると、結局同じかなという感じがすることがありますよ。

 

スポンサーリンク

新幹線旅行のコストを抑える!「特定特急券」活用術

新幹線の旅をもっと手軽に、そしてお得にする秘訣をご存じですか?SNSでは「特定特急券」を使った賢い節約法が話題になっています。

「そんな便利な方法があったなんて!」と驚かれる方もいるでしょう。実は、このチケットを上手く使うことで、あなたも節約ができるのです。その要点を見ていきましょう。

①新幹線の隣駅間を移動する際の特定特急券

日帰り出張や小旅行で新幹線を使うとき、短距離だと指定席の料金がもったいないと思ったことはありませんか?そんな時に役立つのが特定特急券です。料金は以下のようになります。

– JR東日本とJR西日本(北陸)では50km以下880円、それ以上は1,000円
– JR北海道では50km以下1,330円、それ以上は1,520円
– JR東海、JR西日本(山陽)、JR九州では50km以下870円、それ以上は990円

ただし、特定特急券が設定されていない区間もあるため、事前の確認が大切です。例えば、九州新幹線の新八代駅ー川内駅間はその一例です。

②新幹線が満席の場合は?

新幹線が満席で席が取れない時でも、特定特急券を利用すれば立ち乗りでもOKです。

座席を利用することはできませんが、料金は指定席特急料金から530円引きです。購入は駅の窓口で可能です。

●在来線特急での特定特急券の利用

なんと、在来線の特急列車にも特定特急券が使えることがあります。対象区間は限られていますが、短い距離ならお得に移動できます。ただし、座席が保証されないのは覚えておくべきポイントです。

③特定区間での東北・北海道・秋田・山形新幹線

東北・北海道・秋田・山形新幹線の特定区間では、自由席が設定されていないため、通常の自由席特急券は使えません。しかし、特定特急券を使えば立席でも乗車可能で、空席があれば座ることもできます。私が利用した時も、幸運にも座れましたよ。

④「のぞみ」「みずほ」号の自由席に乗車する際

特に東海道・山陽新幹線の「のぞみ」や「みずほ」号を利用する際には、特定特急券が大変便利です。これらの列車では、自由席特急券と指定席特急券との価格差が530円を超えることから、特定特急券が適用されるのです。チケットには「自由席特急券/特定特急券」との記載があるため、ご確認ください。

のぞみ(みずほ)の自由席を使う時は特定特急券になります。自由席なので、ひかり、こだま、さくらにも乗れます。

ただし、年末年始、GWなどの繁忙期はのぞみ号は全車指定席となりました。立席であれば、自由席=特定特急券で乗れます。

のぞみ号の全車指定席については以下の記事をごらんください。

新幹線のぞみが自由席なしになるのは年末年始はいつからいつまで?乗り遅れた時、定期券での対応、ひかり、こだま、さくら・みずほはどうなの?
年末年始は新幹線利用者が多くなる時期ですね。特に東海道・山陽新幹線をご利用の皆さんにとって大切なお知らせがあります。新幹線「のぞみ」では、一時的に自由席の提供を停止することになりました。 この記事では、以下の疑問にお答えします: ・年末年始...

また、特別きっぷで自由席に乗ることはできません。

ぷらっとこだま・バリ得こだまで自由席利用はばれる?新幹線の自由席は検札が来ない?
東海道新幹線の自由席に乗っていると検札が来るのかどうか気になりますよね。 特に東海道新幹線は検札を頻繁にやっていそうな気がしますが、 どうなんでしょうか? 今回は実際に東海道・山陽新幹線の自由席に乗って試してみました。 ぷらっとこだまで自由...

東海道新幹線ではのぞみ、ひかり、こだまはほぼ同じ車両です。

東海道新幹線がN700系で1つの顔だけになる時代が再びやってきた!
新幹線が1つの顔だけに戻るということを聞き、あなたはどう思いましたか? 寂しさを感じた人もいれば、鉄道に詳しくなくてたまたまこの記事に訪れた人は何のことやらわからないという人もいるだろう。 私は学生時代、新幹線の線路の近くに住んでいたため家...

特定特急券が使える範囲は広がっているのか?

特定特急券が適用される区間は、日本国内の新幹線や特定の特急列車に限られていて、それぞれの鉄道会社や路線によって異なります。全国的に見ても、使える区間は限定的であり、特に短距離の移動や隣接する駅間で利用することが多いです。

実際にどの区間で特定特急券が利用できるのかは、時期や運行状況によっても変動することがあるため、利用する際には各鉄道会社の公式サイトで最新の情報を確認するか、駅の窓口で直接尋ねるのが最も確実です。

また、特定特急券が利用できる新幹線の区間については、短距離移動が中心であるため、全ての新幹線区間で利用できるわけではなく、特に都市間の長距離移動では利用できないことが一般的です。

まとめ:新幹線をもっと身近に!特定特急券の上手な使い方

新幹線を利用する際のチケット選びは、初めての人には少々複雑に感じられるかもしれませんが、ここで紹介したポイントを押さえておけば、賢く節約できるはずです。

大切なポイントを再確認しましょう。

– 特定特急券は自由席用の特急券
– 主に隣接駅間で利用できる
– 自由席特急券と同様ですが、料金の差は指定席へのアップグレード時に現れる

これからの新幹線旅行は、特定特急券を活用して、もっと手軽に、そして賢く!

タイトルとURLをコピーしました